• ホーム
  • 低用量ピルの服用に関わらずコンドームは必ず着用する

低用量ピルの服用に関わらずコンドームは必ず着用する

最近では避妊目的で低用量ピルを服用する人が増えてきていますが、低用量ピルのメリットは高い避妊効果があることです。
毎日飲み忘れることなく同じ時間に飲み続けることで99%以上の避妊効果があるということで多くの人に支持されています。

性行為を行う時に気をつけなくてはいけないのは、妊娠を望んでいない時にはしっかりとした避妊を行うことで、望まない妊娠をしないように気をつけなくてはいけません。
避妊に関しては低用量ピルを服用することで、ほぼ確実に対策を行うことができますが、性行為を行う時に注意しなくてはいけないのは妊娠の危険だけではなく性病にかかってしまうことです。

性病は性行為をすることでパートナーに感染を拡大させてしまいますが、低用量ピルをしっかりと服用していても性病の予防はできません。
性病の予防をするためには皮膚や粘膜が直接触れることを予防するためにコンドームを着用するという方法が、最も確かな対策法になります。

性行為をする時に多くの人が妊娠してしまうという心配をしています。
性行為で感染する病気のことまで考えている人は少なく、低用量ピルを服用している人でコンドームを使用せずに性行為を行い性病に感染してしまう人が増えています。
性病の予防にはコンドームを着用することが必須で決して忘れてはいけないことです。

性病には薬で治療できるものがあるので、もしも性病にかかってしまっても薬で治せばいいと考えている人もいるようです。
性病の中には薬では治療できないものがあり、最悪の場合には感染をしたことが原因で死に至ることもあります。
そういった最悪の事態を避けるためにはコンドームを使用して感染予防をすることが最も大切です。

仮に治せる病にだったとしても繰り返し感染することで病気が治りにくくなりますし、体にとって良いことはなにもありません。
性行為を行う時には低用量ピルを服用している時でも必ずコンドームを着用するようにして性病の感染予防をしましょう。

性病予防のためにも不特定多数と関係は持たない

低用量ピルを服用している人の中には、きちんと決まった通りにピルを服用しているので妊娠をする心配はないと思っているためか、不特定多数の人と関係をもっても大丈夫だと考えてしまう人がいるようです。
確かに低用量ピルをしっかりと服用していれば、排卵が抑制されるために妊娠の可能性はほとんどなくなります。

しかし性行為でリスクがあることは望まない妊娠だけでなく、性病に感染をしてしまうという危険もあります。
特に低用量ピルを服用している人で避妊方法としてピルを使用してコンドームの着用をしていないという場合には、性病に感染するリスクが非常に高くなります。

低用量ピルは避妊方法としては優れていますが、性病を予防する効果は全くありません。
そのため、性行為を行う際に避妊方法として低用量ピルの服用をしている場合でも、性病の予防のためにはコンドームの着用が必要になってきます。

そして、性病の中にはコンドームを着用していても皮膚の接触だけで感染をするものがあるので、コンドームの着用で完全に性病の予防ができるというわけではありません。
決まったパートナーがいる場合にはパートナーの体調に変化があった時など性病に感染しているかどうかを知りことができれば、発病している時には性行為を行わないようにすることで性病に感染することを回避できます。
不特定多数の人と関係をもってしまうと、コンドームを着用していても性病に感染するリスクが高まります。

性病の感染を予防するためには低用量ピルを服用している時でもコンドームの着用をすることと、不特定多数の人と関係はもたないようにすることが重要です。
感染してしまうと治すことができない病気もあるので、感染予防は十分に行っていきましょう。

関連記事