• ホーム
  • 生理痛が軽い人と重い人の差はなに?

生理痛が軽い人と重い人の差はなに?

生理痛の軽い人と重い人とかなりの差があります。
なぜ、個人差がとても大きいのでしょうか。
毎月の生理痛が重い人は軽い人との差を知って対策してみると良いかもしれません。

生理になると眠気が強くてついつい眠ってしまうことはありませんか。
生理痛が重い人は他にも腹痛で苦しむこともあれば、頭痛や吐き気がすることもあります。
精神的な面ではイライラしやすくなるかもしれません。
普段ならばなんとも思わないようなことでもイライラしてしまいます。

これだけの症状が考えられますが、これらの症状も個人差があります。
重い人は薬がないと日常生活に支障が出るほどです。
しかし、ほとんど症状が出ないくらい生理痛が軽い人もいます。

生理によってホルモンバランスが変化しますが、これは個人差があります。
ホルモンバランスの変化の度合いの差が考えられます。
他にも血の巡りが悪く、冷え性に悩んでいる人も生理痛が重くなるでしょう。
血流が悪くなると内臓に必要な栄養が届けられなくなるので、症状が悪化してしまいます。
もしかしたら、冷え性で悩んでいませんか。
まずは、冷え性対策から始めたほうが良さそうです。

血流が悪いと痛みの物質であるプロスタグランジンがたくさん分泌されてしまいます。
プロスタグランジンは不要になった子宮内膜を外に出すために子宮を収縮させる働きがありますが、分泌しすぎてしまうと重い生理痛になります。
やはり、血の巡りを改善させることが重要です。

日ごろあまり運動していなかったり、体を温めるようなことをしていないのかもしれません。
これからは、適度な運動を心がけたり温かい食べ物や飲み物を選ぶようにしてみてください。
冷たいものばかり食べたり飲んだりしてしまうと体が冷えてしまいます。
すると、血流が悪くなるでしょう。
また、腹巻や毛糸のパンツを履いてお腹の周りを温めてみてください。
お腹を温めると全身の血流が良くなるので生理痛が軽くなるかもしれません。

重い生理痛の原因が実は子宮系の病気のケースも

生理は女性特有のもので、生涯のうち何十年も毎月付き合っていかなければなりません。
生理痛の症状には腹痛や頭痛、イライラや吐き気などがあります。
眠気が襲ってくるという人もいます。
生理痛が重く辛くても「仕方がない」と諦めている人が多いです。

しかし、その重い生理痛は病気が潜んでいるかもしれません。
「ただの生理痛」だと放置しておくと、病気が進行していたというケースもあります。
生理痛が重くて寝込んでしまったり、日常生活に支障をきたす場合は「月経困難症」かもしれません。
月経困難症には病気が原因で起こる「器質性月経困難症」と、子宮の機能異常から起こる「機能性月経困難症」の2種類があります。

では、器質性月経困難症の原因となる病気にはどんなものがあるのでしょうか。
重い生理痛が原因で起こる病気で最も多いのが「子宮内膜症」です。
これは、本来子宮内腔にできる子宮内膜が、子宮外に出来てしまう病気です。

主な症状としては、腹痛や腰痛・生理期間が長い・不正出血・経血量が多いなどがあります。
他にも「チョコレートのう胞」「子宮筋膜症」「子宮筋腫」なども重い生理痛から判明する病気です。
「ただの生理痛」だと見過ごしてしまうと、不妊や癌の原因となります。

これらの病気は、早期発見・早期治療で治る可能性もあります。
日常生活に支障が出るほど重い生理痛であれば、早めに婦人科を受診しましょう。

また、経血量の多さも子宮系の病気のサインです。
経血がナプキンから漏れるほど多い人や、逆に経血量が少なく生理がすぐに終わってしまう人もいます。
経血量が多すぎても少なすぎても病気の可能性があります。
生理痛の軽い・重いだけではなく、経血量もこまめにチェックしてみるといいでしょう。

関連記事